新築施工事例

II邸《寒川町》

太陽さんさん明るい吹き抜けが家族をつなぐステキなお家!という言葉がピッタリです。玄関を開けるとお花のステンドグラスが迎えてくれますし、2階はピンクとグリーンのガラスブロックから日が差し穏やかな雰囲気になります。ウォークインクローゼットやパントリー、階段下など収納がたくさんあります。環境に優しいペレットストーブで冬も暖かく暮らせますね。

iidukateiliving.jpgkichen.jpgiidukateistendglass.jpgiidukateifukinuke.jpgiidukatei1Ftoilet.jpgiidukatei2froom.jpgiidukateisunroom.jpg

NA邸《平塚市》

みんなひとつ屋根の下、「親と子が」「夫婦が」「ペットが」、、、家族が一緒に「住む」「暮らす」「楽しむ」ということを、みんなで考え抜いたお家です。家族の団らんとプライベートを工夫したこだわりの間取りです。1階と2階も雰囲気がガラリと変わり、1階は木の暖かさと、エレガントなインテリア、2階は、吹抜けとロフト、見せる筋交い等開放感のある造りです。
nagasimatei 1FLDK.JPGnagasimatei 1Fsenmen.JPGnagasimatei 2Fkitchen.JPGnagasimatei 2FLDK.JPGnagasimatei 2Fsyosai.JPGnagasimatei 2FLoft.JPG 

TA邸《藤沢市》

和のこだわりがつまった古民家調の家で外観の黒の帯が特徴です。小屋裏までつながる大きな吹抜け、桜模様の手すりが引き立ちます。1階と2階の雰囲気がガラリと変わり、楽しい暮らしができそうです。太陽光、薪ストーブを利用して、自然エネルギーをフルに活用できます。
tanakateimakisutobu.JPGtanakateikichin.JPGtanakateigenkan.JPGDSC_1534.JPGDSC_1519.JPGDSC_1512.JPG DSC_1514.JPG

KO邸《厚木市》

薪ストーブと太陽光発電システムがあるエコロジーな家が完成しました。玄関ホールの採光や、勝手口から食品庫、キッチン、ミセスコーナーへの動線などとても生活し易い環境です。2階階段下の畳やロフト、小屋裏収納などお施主のこだわりが感じられます。
koganeitei5.JPGkoganeitei2.JPGkoganeiteimscorner.jpgP1020184.jpgkoganeiteikoyaura.jpgkoganeitei3.JPG koganeitei4.JPG


__sozai__/0011785.pngお客様の声__sozai__/0011785.png
KO様の快適な生活のお声ありがとうございます。(すべてお客様からの原文のまま掲載させて頂きました。)

初めてサン建設さんの完成見学会に行ったのは本契約からさかのぼって4年も前だったと思います。
この間、他メーカーの展示場で色々な工法を見て回ったのですが、やっぱり在来工法の木の家はいいなぁと感じていました。日本は木の文化ですから。

サン建設さんの温かみのある会社の雰囲気も我々に合っていましたし、夢ハウスの考え方に共感し、自分の家は夢ハウスで作りたいとも思いました。40年、50年で建て替えることが普通の日本ですが、100年持つ家を建てて、子供達に残していくのも良いものではないか、エコなのではないかと思いました。
最初の設計図を書いてもらってから、正式に決定するまでにこれまた1年くらいかかったと思います。この間も、完成見学会で見習いたい部分が目にとまったり、他のメーカーの展示場で気になった点があったりと、何度図面を修正していただいたかもう忘れてしまいましたが、そのくらい何度もこちらの要望を聞いていただきました。

私達の(妻の?)こだわりのい1つはリビングを見渡せる位置にミセスコーナーという名の妻の書斎を置く事でした。将来に妻がミセスコーナーで仕事をしながら、リビングで遊ぶ子供達を眺めてほっこりしたいとの夢がありました。またキッチンの位置だったり、ロフトや小屋裏収納へのアクセスなど、湧いて出でくる要望を叶える為にいろいろとアドバイスをいただきとても力になりました。希望する費用で実現させるため親身に相談にのっていただいて理想の家になったと実感しています。
実際に工事に入っても決められなくて宿題になってしまうところが出てきてしまうのですが、納得いくまで考えさせてくれて、大工さんをはじめ各担当の業者さんには本当にご迷惑をおかけしたのではないかと思っています。 大手のメーカーではこの様な柔軟な対応はしてもらえないのではないかと感じています。

住み始めて半年、担当の佐々木さんと考えた生活動線は快適な生活空間になっています。そして無垢の木の床でゴロっとするのはとっても気持ちがいいです。 

AK邸《松田町》

自然豊かな景色を感じられるリビングには、丸太柱があり、家族の成長をきざんでいくことでしょう。つくりつけの棚には、オーディオやPC等、CDラックも使いやすいように造作しました。キッチンもシックな色で落ち着きます。収納にもこだわって、ふとんや、衣装がたくさん入ります。玄関にも収納で工夫が盛りだくさんです。
akiyamateiL2.JPGakiyamateiL1.JPGakiyamateik.JPGakiyamateibath.JPGakiyamateientrance.JPGakiyamateientranceback.JPG 
お客様の声
AK様より温かいお言葉頂きありがとうございます。(すべてお客様からの原文のまま掲載させて頂きました。)
当初、家を建てるにあたって、どの工務店さんに建てて頂いたら良いのか不安がありましたが、社長さんの木に対する熱意がとても伝わり、すぐにサン建設さんに決めさせて頂きました。自分たちが思い描いている家を全て話し、良いことは良い、駄目なことは駄目とおっしゃり、でも、なぜ駄目なのかをきちんと理由をつけて話をして下さったので、こちらも納得をして話を安心して聞くことができました。
また、担当者の吉本さんは家のことに一切、妥協はせず、自分の家を建てるかのように真摯に向き合って下さいました。家を建てて頂いてから一年が経過しましたが、木の香りやぬくもりに包まれての生活がとても温かく、また心地良く快適に過ごしております。
サン建設さんに建てて頂いて大変良かったです。本当にありがとうございました。 

MA邸《厚木市》

木造3階建て住宅、屋上もあり、お施主様の希望が盛り込まれたお家です。リビングには薪ストーブがあり、造り付けのカウンターや、棚が工夫されています。車庫の上のスペースも趣味のお部屋と有効活用されています。水回りはガラスモザイクタイルで、とってもお洒落です。
 P1000416.JPGmaruitei2.jpg020.jpg021.jpgmaruitei24.jpg027.jpgmaruitei40.jpg091.jpg

お客様の声
MA様より思いをこめたお声をいただきました。(すべてお客様からの原文のまま掲載させて頂きました。)

この家を建てるにあたってはいくつもの課題がありました。

まずは息子夫婦、孫、娘と一緒に住む、土地が狭いけど大きい車も置きたい、孫の小学校入学に合わせて4月には住みたい、どうせ建てるなら木にこだわった家にしたい、二人目の孫も生まれそう・・・と、このまま迷っていても先に進まないので、基本として「木にこだわった家」を建てようと決断しました。

では、どこに頼むのか?

ネットで検索・・・・木にこだわりのある工務店はたくさんありましたが、今住んでいる厚木の近くでないのかと探したところ、寒川町にサン建設を発見。昔から子供たちのお宮参りや七五三などで寒川神社には何度も足を運んでいるため、「寒川」に親しみを感じて即サン建設を訪問しました。その時に対応して下さった社長の優しさと人柄に安心感を感じ、ここにお願いしようと言うことになったわけです。

この頃はまだ同居する話は決まっていなかったのですが、話はどんどん進展し、同居が決定して計画は2世代住宅化に。すると大人5人、孫1人、猫2匹、犬1匹、そして二人目の孫の誕生。三階建て以外に選択肢はなく、またしても予算が気になるところ。

さらに同居することになった大人5人の生活パターンはと言うと、夜遅かったり朝早かったり、土日が休みでなかったりと、バラバラ状態。どういう間取りにするか、薪ストーブもつけたい、屋上も欲しい、ホビールームも欲しい、台所は広くしたい、リビングも広く、犬や猫もたくさんいる・・・こうなってくるとなかなか決まらない。

そんな中で辛抱強く何度も図面を書き直していただき、ようやく着工。途中の構造見学会や完成見学会などで他の家も見せていただき、これから建てようとしている自分の家がどうなるかも想像することができました。

工事が始まってからは木材の入荷遅れなどいろいろあり、完成は3か月遅れの7月。待ちに待った無垢の家にようやく家族7人と3匹の動物たちと一緒に住むことができました。

新築住宅でよくある接着剤などの匂いがなく、程よく木の香りが玄関を入った瞬間感じることができ、これだけでもリラックス感を家の中に盛り込むことができたと思ってます。

こだわりはたくさんありましたが、中でも特にこだわったのはリビング。南側にどんどん家が建っていくので日当たりが悪くなり、リビングを2Fに持ってきたのは正解でした。さらに天窓を6個もつけていただき、デザイン的にもバランスのとれたいい感じのリビングに仕上がっています。

リビングは天井にもこだわりました。古民家風に梁を出す希望だったのですが、耐火建築法の関係でかなわず、一時は何の変哲もない平らな天井になりそうでしたが、担当者や大工さんまで巻き込んで一緒になって相談した結果、梁の無いところをへこまし、梁の上に張られた耐火ボードの上にさらに化粧版を貼って木の梁の感じを出すことにしました。担当者や大工さんにはわがままを聞いてもらって申し訳なかったのですが、出来上がりは素晴らしく、高さ感のあるいい感じの天井にすることができました。

こだわりの一つ、薪ストーブはまだ火が入っていませんが、周辺の耐火煉瓦とのバランスがよく存在感がばっちり。見に来る人が口々に「いいね」を連発してくれています。これからの寒い冬が楽しみでなりません。

もう一つのこだわりが屋上です。狭い土地で建てたものですから庭は初めから期待してませんでした。その替わりと考えたのが屋上。想像以上に広い屋上を作っていただき、最高です。さっそく夏には遠くに見える花火大会の花火を見ながら友人を招待して屋上でバーベキュウパーティ。近所迷惑になるのではしゃぎすぎなように要注意です。

造作もたくさん入れていただきました。おかげで台所も広く、すっきりと使えるようになり、リビングでも一年生の孫が勉強するスペースが確保できているので 周りの大人も安心してみてられます。その他各部屋にもそれぞれ造作で棚や机など付けていただきましたが、しっかりとしていて非常に使いやすいものとなっています。

赤松の床材も温かみを感じさせるもので、二人目の孫がハイハイして動き回っても安心してみていられるというのはいいですね。

他にも紹介したいところは本当にたくさんあってきりがないのですが、それだけたくさんの気持ちのこもった、住む人にやさしい無垢の家に仕上がっていると言えると思います。

今思うと無理難題ばかり、わがまま放題で本当に担当の方には申し訳なかったのですが、みんな聞いてくれて結果的にこんな素晴らしい家にしていただき、本当に感謝しています。ありがとうございました。

屋上から見える花火がどんなに綺麗か気になりますね。担当の監督は九州男児吉本でした。

IS邸《伊勢原市》

子供が元気に育つ家、家族がイキイキ笑顔あふれる家、そんな思いが込められた家です。広々としたLDKから子供たちがかけまわる楽しそうな声が聞こえて来そうです。無垢の腰壁、床から、木の香りがして、心が落ち着きます。2階には広いバルコニーや、はしごであがれる屋根部屋があります。

057.jpg007.jpgP1000150.jpg011.jpg006.jpgP1000143.jpg031.jpg

お客様の声
   IS様より喜びのお声をいただきました。(すべてお客様からの原文のまま掲載させて頂きました。)
 どのハウスメーカー、工務店に依頼すれば良いのか検討していた頃、殆んどが「頑丈で地震にも強いです。」というセリフのオンパレードの中、サン建設さんの社長だけが「信頼を大事にしている事。建てて終わりではなくアフターフォローを大切にしている事。」を話して下さいました。私も信頼とアフターフォローを重点に置いていた為、社長のその言葉がサン建設にお願いをする決定打となりました。
 予算の関係で諦めなければならなかった事も多数ありましたが、時間をかけて打ち合わせをして建てた家なので愛着があります。
 打ち合わせをしていて嬉しかったのは不安や疑問点なども的確なアドバイスをしてくれ、何気ない会話の中から(愚痴も聞いてもらいました)私のストライクゾーンど真ん中の好みやアイデアを提案してくれた時には、場外ホームランを打った気持ちになる位、楽しい打ち合わせでした。
 工事期間中もこれ程多くの方のご努力で家というものができあがるとは存じ上げず、無事故、無災害で工事が終えられました事を感謝しております。
 引渡しを受けましてから、まだ日が浅く、日々バタバタと過ごしていますが、すでに私の重点項目である信頼とアフターフォローにはサン建設さんは長けている事を実感できております。
 メンテナンス等の際にも引き続きお世話になろうかと思います。お忙しいところ、お手を煩わせることもあろうかと思いますが、どうか末永くご助力いただければ幸いでございます。
プロ野球好きの奥様の声でした。ありがとうございました。 

AM邸《寒川町》

南側から暖かな陽がさし、こだわりのお家、つくりつけの家具がたくさん!キッチンも工夫がされてオープン棚に食器がたくさん入りそうです。2階も階段を上がって正面、左右にお部屋が広々と完成です。

画像 034.jpg画像 058.jpg画像 055.jpg画像 024.jpg画像 079.jpg画像 086.jpg画像 073.jpg

お客様の声
AM様より優しいお声を頂きました。(すべてお客様からの原文のまま掲載させて頂きました。)

家作りの過程も楽しめました。
建て地が仕事場のすぐ隣なので毎日が見学会でした。基礎づくりから外構工事まで職人さんもさぞやりにくかったことと思います。気がついたことがあればその場で聞くこともありました。また監督のY本さんに相談して細かいこともずいぶんと修正してもらいました。出来上がってから直すより早いうちにと思い迷った時は遠慮なく云うようにしました。(うるさい施主と思われてもかまわない、後で後悔しないように。)おかげ様で納得のいく出来上がりになりました。
住み始めて大事だと思ったこと。
1設計
 どんな家にしたいのか?第一歩だと思います。我が家は廊下が無いシンプルな間取りをお願いしました。日当たり、風通し、使い勝手も良く満足しています。
2構造
 見えない部分ですがその家の骨格になる大切な部分です。ここはサン建設さんを信頼して建ててもらいました。構造見学会はその良心の表れです。
3素材
 どこに何を使うか、サン建設さん自慢の部分だと思います。まずは断熱材ですがセルロースファイバーは素晴らしい。本当に湿度を調節します。一度建てている最中ですが雨の日に仕事場と屋外と家の中で湿度を測ってみたことがあります。 仕事場と屋外はほとんど変わらないのにセルロースファイバーを施した家の中は10パーセントほど低い値でした。住み始めたのが4月ですがまだまだ夜は冷える日があります。しかし家に入ると北側の玄関でさえ暖かいのです。前の家では5月の連休くらいまではこたつを出していましたがそんな必要は全くありません。明け方の寒さも感じません。いろいろな現場で作業をしている大工さんがその快適さを云う位だから確かです。
 次に無垢の床材ですが冷やりとした感覚がありません。そして柔らかいのです。直接寝転んでもウトウトしてしまいます。モルタルの流しと造り付けの棚、壁一面の本棚も自慢です。これらの素材のせいでしょう、呼吸することが気持ち良いのです。初めて家の中の空気というものを意識しました。実際に住んでみてサン建設さんが言っていた健康住宅の意味がわかりました。
最後に
 設計から施工まで素晴らしい人たちの手で建ててもらったことは言うまでもありません。少し褒めすぎかなとは思いますが正直な感想です。これから暑い夏がやってきますそれもまた楽しみです。本当にありがとうございました。そしてまたこれからもよろしくお願いします。
 
AM様ありがとうございました。私たちも素敵なお家を建てられたこと大変嬉しく思います。

もっちー邸《綾瀬市》

お施主様のこだわりのある家、天然木の腰壁は木の香り、陽だまりのような菜の花色のキッチン、パワーをもらえる真紅のアクセントカラーの壁のシステムバス、内ドアを閉めれば木の葉色のステンドグラスドアで玄関での来客もお出迎えできます。

s-画像 021.jpgs-画像 071.jpgs-画像 070.jpgs-画像 060.jpgs-画像 057.jpgP1210237.JPG


この度、サン建設さんに家造りをお願いして、とても素敵な家が出来上がりました。
もっちー様より心暖かなお声を頂きました。(すべてお客様からの原文のまま掲載
させて頂きました。)
お客様の声

解体、地盤、土台に始まり丁寧な仕事に、ご近所からも多大な声を聴く事が出来ました。”とにかく丁寧よ”と絶賛です。創るという責任が丁寧できれい、安全、安心を与える創り手の心暖かな気持ちが見る人すべてに伝わる瞬間の作業なんだと感じました。

私にとって生涯一度限りの家創りを失敗したくない事でしたが、信頼と安心、安全のすべて備えた家に、そして100%以上の満足!木の香りと木のぬくもりに包まれて、快適に大切にしながら過ごせます事、心から感謝しています。サン建設さんに巡り会えた事は、私の財産になりました。末永いお付き合いをお願い致します。サン建設さんすべての方に感謝しています。心から有難うございました。

もっちー様 ありがとうございました。

 


上に戻る